東京都信用金庫健康保険組合

東京都信用金庫健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

POINT
  • 被扶養者となるためには、当組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

家族の範囲

被扶養者となれる家族の範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

  • ※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、「同居」の条件がなくなりました。

収入の基準

被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生活していること」が必要です。

同居している場合 別居している場合
対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であること 対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額が被保険者からの仕送額より少ないこと

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。なお、当組合では毎年、被扶養者の資格を確認するための検認を行っています。

扶養認定の際の添付書類について

平成29年11月より、マイナンバー制度の本格運用が開始され、資格取得届・異動届を提出する際の添付書類の簡素化が進んでいるところですが、現在、情報連携の内容に不備が多く、被扶養者の認定をする際に必要な情報(収入金額、住所)を確認できない状況となっております。
このため、当分の間はこれまでと変わらず添付書類のご提出をお願いすることになりました。
なお、現在、マイナンバー専用の統合専用端末を活用し、課税証明書、住民票、他の健保での資格取得・喪失のデータが添付書類の情報と一致しているかどうかの確認作業を行っております。この端末において、添付書類と同様の確定的情報が確認できる環境が整い次第、添付書類の省略に移行する予定ですので、時期が確定しましたら、改めてお知らせいたします。
お手数をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い致します。

  • ※政府が運営するマイナポータルサービスで情報のやり取りの記録を確認できます。マイナポータルに関しましては、内閣府のホームページでご確認ください。
    マイナポータルとは

ページ先頭へ戻る